ご存知の通り、昨日大変な災害がありました。
時間がたつごとに今回の災害の深刻さを感じているとこです。

明日は、何事もなければ彦根で開催される滋賀レイクスターズの試合を観戦に行く予定でしたが、このような事態で急遽試合は中止となり、救援募金•物資提供の呼びかけということになりました。

レイクスターズと仕事で関わる弊社としても少しでも何かできればと明日お手伝いに行く予定です。

もしご協力いただける方は、救援募金及び物資提供を彦根市民体育センターに持って来ていただけると幸いです。

私も昨日滋賀に帰ることができず都内で1日を過ごしました。
今、ようやく動き出した新幹線で滋賀に向かっています。


下記は、滋賀レイクスターズからのご案内です。

----------------------------------------------------
「救援募金及び物資提供の呼びかけについて」
----------------------------------------------------
この度、滋賀レイクスターズでは、東北地方太平洋沖地震の被災者に対する、救援募金及び物資の提供を呼びかけることにいたしましたので以下のとおりお知らせいたします。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

■日時
3月12日(土)14:00~17:00
3月13日(日)12:00~15:00

■会場 彦根市民体育センター≪彦根市松原町3751番地7≫

■活動内容  
救援募金及び物資提供の呼びかけ
※救援物資として特に下記物資の提供にご協力をお願いいたします。
カップラーメン・割り箸・紙皿・粉ミルク・ラップ・レトルト食品・哺乳瓶・おむつ・生理用品・歯ブラシ・歯磨き粉・新品の肌着・カイロ など

皆様からお預かりした救援募金及び物資はしかるべき機関を通じて被災者の皆様へお届けし、後日公式ホームページやメルマガなどでご報告いたします。
[PR]
# by bbfry | 2011-03-12 13:44
先日行った自由が丘での西遊記ライブ。
お客さんと絶妙にからみながらの笑いいっぱいの楽しいライブ。
頼んだワインを飲む暇もないくらいノリノリの時間を過ごしました。
a0005476_23324123.jpg

そのときにボーカルのYO-HEYさんがハンバーガーの
移動販売を綱島で始めたというのを聞いた。

いつかやってみたかったんだよね〜・・・と
どんな仕事でもやりたいことをやる人はカッコイイ。

翌日、仕事で横浜に向かう・・・東横線で綱島を通り過ぎる。

あ、あぁ〜、急にハンバーガーが頭をよぎった。

仕事が終わって昼もちょい過ぎた頃
さっき通り過ぎた綱島駅に僕はいた。

が、場所がよく分からず電話してみると
バーガーショップの営業時間を知らず・・・もう終わったとか、えっ。

でも自宅でハンバーガーを作ってわざわざ車で
持ってきてくれた!!! (嬉泣)

YO-HEYさん、優しすぎる・・・ありがとう!感謝感謝。

そんなハンバーガーを持って、コーラ買って
近くの川沿いの堤防で食べました。
a0005476_23324594.jpg

ミンチ肉の配合もオリジナルですごいこだわり。
ジューシーなお肉にシャキシャキ野菜。
これ、めちゃうまです。

通常は、『ブルーコーンカフェ』(横浜市港北区綱島西2-13-11)
前で販売されてるそうです。

綱島に行ったら、「ラッキーバーガー」を探せ〜!
a0005476_23325320.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-03-06 23:40 | Food
老人の方がまるで子供のように楽しそうにはしゃいでいる。
そんな光景を目の当たりにしながら
僕たちはカメラを回しつづけた。

認知症の老人介護施設だった。

今制作を進めているWebサイトに載せるための動画の撮影。


お遊戯の時間が終わるとお昼の準備。
ここは施設に入っている人も一緒に
食事の支度をする。

さっきまで子どものようだったおばあちゃんたちたちも
食事の支度は慣れたものだ。
何千回、何万回という積み重ねの今なんだな
ということをふと気づかされる。

一人一人に違うドラマがあって、記憶が遠くなっても
体に刻まれた歴史があって、そしていろんな人の
つながりの中で偶然今ここにいる。

そんな人たちに囲まれてこの日は
僕たちも一緒にお昼の食事をいただいた。

何気ない会話に笑いがおき、ときに少女のように
はにかむおばあちゃん、優しい顔で何も語らないおじいちゃん。

これから制作するここのWebサイトの中で、単に認知症介護施設
というひとくくりの言葉では語り尽くせないものがここにはある。

無機質なインターネットを通じてこの温かい空気を
どうしても伝えたいと思った。
a0005476_23104541.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-03-04 23:14 | Business
「言葉は翼を持っているが、思うところに飛ばない。」

そう言ったイギリス人がいた。
100年以上も前の女性作家だ。

当時は、本を読める人すら限られていただろう。
読みたい人が読めない時代。

しかし、100年以上経った今はインターネットという雲の中を
言葉が翼を持ったかのように自由に飛んでいる。

ツイッター、ミクシー、フェイスブック、メールetc 
言葉を飛ばすツールは簡単に目の前に用意されている。

ただ今も昔も変わらないのは、言葉に翼がついても
届けたい人にはなかなか届かなかったりする。

でも、それでも届けたい・・・
そんな思いの中から文学というものが生まれたり、
歌というものが生まれたりしてきたのかもしれない。

と考えると伝わらないこともまたおもしろい。

僕の日頃のつぶやきの中から何か生まれているだろうか。
あんまりそこは考えないでおこう(笑)
[PR]
# by bbfry | 2011-03-01 23:21 | HitoriGoto
今、何かまた新しいことを始めようと毎日いろいろ考えている。

今年の9月頃には現在検討中の新サービスが開始できるように
計画を立てたり、それ以外にもIT系の情報番組を始めようと思ったり・・・。

その他にも何かとやりたいことがいっぱいありすぎて
体がもうひとつほしいところです。

新しいことを始めるにあたって、最重要事項は何かというと
それをイメージしたときに「ワクワクするかどうか」ということ。

ワクワクすることに対して、人は努力を惜しまない。

それどころかもっとがんばりたいと思う。


大切なことは努力をすることではなくて「ワクワク」という
エッセンスが見つけられるかどうかなんだと思います。

まずは身の回りの小さなワクワクを見つけるところから
始めてみませんか?


明日は、新入社員の歓迎パーティをやりまーす。
皆さん飲んでちょーだい!

ツイッターでの乾杯参加は誰でもウェルカムです(笑)
[PR]
# by bbfry | 2011-02-25 00:40 | HitoriGoto
ちょっと休憩になんとなく映画を見てみたくなった。

かなり久しぶりにTSUTAYAに行ってみると
TSUTAYAカードがないことに気づく。
まぁいいかとレジに行ってみたがやっぱりダメだった。

ということでiTunesで映画が見られることを思い出し
初めてレンタルしてみた。

が、見たい映画があまりなく・・・結局まぁいいかと
「オーケストラ!」というロシアが舞台の映画をレンタル。

劇場清掃員の主人公がパリでのオーケストラの指揮者をするという
かなりドラマチックな内容なんだけれども、当時のロシアの時代背景も
含みつつ、かなりリアルな感動ストーリーになっている。

実は主人公は、当時とても有名なオーケストラの指揮者だった。
しかし政府に反抗し、ユダヤ系演奏家の排斥を拒絶したことで
清掃員にさせられたのであった。

それから30年・・・。

また当時の仲間を呼び集めパリで公演をすることに。

そこにたどり着くまでにいろんなことがあり
リハーサルもできず一発勝負。

最後は演奏だけでまったくセリフがない。

しかし、指揮者と演奏家たちのアイコンタクトや
表情だけで自然と涙が溢れてくる。


まったく期待もせず見た映画だったけれど
久しぶりにいい映画を見たなぁと思った。

セリフなしで人を泣かせるというこういうタイプの
映画は僕は初めてかもしれない。

クラシックを知らなくても楽しめるし
見終わった瞬間にもう一度見たいと思った映画でした。


[PR]
# by bbfry | 2011-02-23 23:24 | Movie
ちょうど自宅から走って15分くらいだろうか・・・。

琵琶湖が見える浜辺近くににひっそりとたたずむ
まるでトムソーヤが出てきそうなカフェに初めて行ってきた。

vokko(ヴォッコ)

いつか行こうと思いながらやっと昨日行けた。

大津にある日吉大社から向かうこと1時間。
自宅から行けば車で5分もかからないのに・・・。
そう、この日は日吉大社に商売繁盛祈願に行っていたのでした。


「ザァ~ザァ~」と

琵琶湖から聞こえる波の音を聞きながら
店内は小さめのジャズが流れる。

もう会話はいらないよね・・・という
空間の中で紅茶を飲み、ゆっくりと時間を過ごしました。

琵琶湖まで走って浜辺を歩いて
たまにベンチで本を読んで・・・
そして、走って帰ってくるといういつものコースに
次回からvokkoで道草をするというプランを
追加してみようと思う。

ちょうど今、「ノルウェーの森」をまた読み直してる。

a0005476_23115488.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-02-13 23:13 | Shiga
人間にはある程度の心配や恐れが必要。
心配したからこそ、それを乗り越えたときの深い喜びも味わえる。
心配も不安も期待も何もないズンベラボーの人生では、
何の感激も起こらないであろう。
喜び勇んで生きるには、結構づくめではダメなのである。

                  ~松下幸之助~ 【Ryuzuより


心配したり恐れがあったり・・・
それが普通なんだね。

大切なことは、いつか来るであろう
深い喜びの伏線なんだと今は信じることなのかな。
[PR]
# by bbfry | 2011-02-11 01:03 | HitoriGoto
「将来、レストランを経営したいんですよね。」

そう語ってくれたのはまだ若い小出恵介に似た
さわやかな男の子だった。


昨日の深夜1時、代官山をジョギングしていたときのこと
赤い絨毯で奥へと続く、まるで宮殿のようなレストランを見つけた。

ジャージで入るには敷居が高すぎる・・・。

でも気になってしまったものはもう止められない。

赤い絨毯に足を踏み入れ、奥へ奥へと行ってみた。


ぎりぎりまで行って帰ってこようと思ったのだが
レストランのスタッフに見つかり、中から誰か出てきた。

ジャージ姿ですべてを理解してくれたのか
「いらっしゃいませ」ではなく、「寒いですね」とニッコリ声をかけてくれた。

そういった機転がこの若者の接客能力の高さを感じる。

それからしばらく彼と談笑した。

このレストランで本気で働くために大学を中退したらしい。
そしていつか自分でレストランを出したいという夢を語ってくれた。


ジョギング中に偶然出会った彼が将来出したいと
言っているそのレストランにいつか行ってみたいと思った。

まずはその前に自分がこういったレストランに
来れる人間にならなくては・・・と僕も彼の夢に
かぶせる形で熱くなり、また走った。

「迷ったら1歩前へ」

その1歩が新しい出会いをもたらしてくれる。

そして次の1歩が自分を大きくしてくれるのかな。
[PR]
# by bbfry | 2011-02-09 00:54 | HitoriGoto

社員が一人増えました

今年もあっという間に1ヶ月が過ぎました。

毎日の積み重ねと言いながら、日に日にやることが
まるで「ふえるわかめ」のごとく、びっくりする早さでふくらんでる。
気づいたらわかめだらけ・・・違う、仕事だらけ。

あ、ふえるつながりで
報告が遅くなりましたが先月から社員も増えました。

今度は、アラサー男子です。

うちの会社よりもずっとずっと大きな会社を
辞めてまでうちに来てくれました。

別の言い方をすると観覧車を降りて
ジェットコースターに乗りに来てくれたという感じでしょうか。
どちらかと言えばうちはバンジージャンプ並みですが・・・。

いやま、そんなことはともかく

大変な決断をしてくれて来てくれたことに
心から感謝したいと思う。


そして彼にはウェブプログラマーという職種を担当してもらいます。
主にiPhoneアプリやウェブアプリの開発など。

そんな新人スタッフのブログはこちら
a0005476_154751.jpg



本当に自分のやりたいことを見つけたいならば
リスクをしょってなんぼ、本気になれば運も味方についてくれる。

人生には必ず一度は勝負するときが来るさ。

そこで決断ができるかできないか・・・

今後の人生はそこですべてが決まると思う。

そこに道がないのなら自分で道を造ればいいじゃないか。


周りの環境に惑わされることなく自分の足で
しっかりと歩いていこう。

自分で決めたことに間違いなどあるはずがないのだから。


10年後うちの会社はきっとおもしろい会社になってる。
間違いなく滋賀県を代表する会社になってると思う。

後はどうやって世界に出て行くかなんだ。

ますますこの先が楽しくなってきたー!
[PR]
# by bbfry | 2011-02-06 01:39 | Business

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini