カウントダウンが始まる!ゴ〜、ヨン、サン、二〜、イチ!ゼロ〜!!手をつないで〜!
a0005476_1855515.jpg

周囲235kmあるびわ湖をみんなで手をつないで抱きしめてしまおうという企画があるんだけど・・・そのために必要な人数は25万人。九州で言ったら博多から鹿児島まで。

その話を聞いたのは、今年の夏の終わり。

なんてバカなことを考える人がいるんだろうか…

でも、そのノリ意外と嫌いじゃないし(笑)

それから3ヶ月間、同じ思いで集まったメンバーが力を合わせ、とにかく皆、自分の仕事を犠牲にしながら一生懸命走り回った。

そこまでしてやる意味があるのかとも多々言われた。

でも意味があるのかないのか…それはきっと自分自身で見つけるもの。

頑張った人にしか分からないものがある。

今回、この趣旨に賛同してくれて、はるばる東北の被災地から駆けつけてくれた人たち。
a0005476_033620.jpg

県内外のいろんなところから駆けつけてくれた人たち。
a0005476_23545523.jpg

手をつなぐことで、自分一人じゃないことを感じ、そして人と人との関わりの大切さを思い、そして何より滋賀県に生まれて良かったと心底思えた。

この日湖岸に集まって手をつないだのは16万人。これは募金をした人の数なので実際にはもっと来てくれていると思う。

目標の25万人には届かなかったものの16万人で手をつなぎ、東北の被災地に黙祷を捧げた。

今回このイベントにスタッフとして参加できたこと、本当に良かったなと思ってます。

そして何よりこの3ヶ月間一緒に走ったメンバーは大切な大切な仲間となりました。


最後はスタッフで肩を組み、金八先生のごとく(笑)「人として」をみんなで合唱して大きな拍手の中、終わることができました。

本当に皆さんおつかれさまでした!
ではまた会える日まで…
a0005476_1855631.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-11-08 00:05 | Shiga

ちょっとした心遣い

「おぉ、おんなじ車だね〜!間違えそうだよ。」

そう言って僕は駐車場の誘導のオジサンに声をかけられた。

今朝、謄本を取りに法務局に行ったときのこと・・・


たまたまオジサンに誘導された場所のとなりに
僕とまったく同じカラーで同じ車種の車が停まっていた。

そして帰りにまた一言

「おんなじ車だけど、あんたの方が磨きがかかってるよ!」

そういってオジサンは笑って僕を送り出してくれた。

「おおきに〜!」

僕も窓を開けて大きな声であいさつをした。


なんてことない会話なんだけど、僕はオジサンの心遣いを
感じてうれしかった。

たったその一言で今日一日がいつもより
ちょこっと幸せだったという何気ない話。
[PR]
# by bbfry | 2011-10-15 01:56 | HitoriGoto
昨日のハーフマラソンは今まで走ったフルマラソンより苦しかったかもしれない。とにかく暑かった。

ゴール直後、すでに脱水症状気味だったのか体中がしびれて
動けなくなった。両足がつって道の脇で大の字になった。

でも目標だった2時間を切って公式タイムで1:57:09だった。
しんどさはこの上なかったが、達成感はとてもあった。

沿道ではたくさんの人たちが声援を送ってくれた。
子どもたちとハイタッチをし、介護施設のおじいちゃんおばあちゃんに
笑顔で手を振ると「がんばってがんばってー!」って
すごくうれしそうに声をかけてくれた。

こういった知らない人との一瞬のコミュニケーションが
マラソンの醍醐味でもあるんだなと思う。

以前、東京での仕事でお世話になった銀メダリストの
有森さんに「マラソンは楽しむものよ。」って言われたのを思い出した。
そう思えたのはほんとに最後の方だけなんだけどね・・・ともう一言。

一緒にジョギングに付きあわせいただいたり、アップの仕方や
走り方のコツも教えていただいたこともあった。

そんなことを思い出しながら今回のマラソンは走った。
でも結局、最後の数キロは苦しすぎて「もう二度と走らないぞ」と
いつもそう思う。

いつもそう思いながらまたどこかの大会にエントリーしてしまうのだ(笑)

そんなにしんどいことをなぜするのかと走らない人からよく言われる。
でも走らない人にこれをうまく説明することほど難しいものはない。

だから結局最後にこう言う。

「ドMなんだよ」って。

するとなぜか皆納得してくれる(笑)
[PR]
# by bbfry | 2011-10-10 11:20 | Sports
消える命があれば生まれる命もあり…
昨日は友人の三回忌を偲び、今日は別の友人の出産を祝う。

生きること、死ぬこと…それを思うことは雲のよう
考え過ぎると雨が降る

今やるべきことを一生懸命やるだけさ

空を見上げ、そんなことをふと思う。

a0005476_16113694.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-10-08 16:27 | HitoriGoto
最近の投稿はほとんどFacebookになってしまったせいか・・・
ブログを書く機会がめっきり減ってしまった。

と思っていたけれど

もしかしたら今までダラダラと書いていた文章に
単に違和感を感じるようになってしまったからかもしれない。

それはマイナスなイメージではなく、twitterなどで短い文章に
面白みを感じていたり、ある種の力を感じていたり・・・
力とは人に何かを伝えるときに短い文章の方が
破壊力があるということ。

これが一昔前ならば俳句や短歌に興味を持つ感覚と
似ているのかもしれないなと思ってみたり。


今から10年前に亡くなった僕のおばあちゃんは
俳句が大好きだった。
小学生だった僕にも俳句を教えてくれた。
季語がどれだけ粋な言葉であるかとか・・・。

もしおばあちゃんが今の時代に生きていたら
もしかするとtwitterにハマっていたかもしれない。

一日中、iPadからつぶやいていたかもしれない。


平安時代、短歌を書いて小舟に乗せて川に流す遊び。
もしかするとあれも今考えれば超アナログなSNSではないか。

時代が変われども人と人とのコミュニケーションというものは
きっと「つながり」の中で発展し新しいものが生まれていくのだろう。

そのうちさらに短くなり、象形文字に戻ったりして・・・。
おぉ〜今で言うと絵文字か。

要するに時代は進化しているのか退化しているのかよく分からないのだ。
まぁ、きっとなるようになるんだな(笑)

という・・・ただのひとりごと。
[PR]
# by bbfry | 2011-08-17 01:05 | HitoriGoto
まるで何事もなかったかのような仙台市内。
多少街が暗いのは今の東京とて変わらない。

本当にここが震災地なのかと思うくらい人々は
いつものように活動している。
どちらかと言えば活気があるようにも見えた。
こういった元気な仙台市内の方が、
ニュースには流れないのかもしれない。

しかし仙台市内から車を30分ほど走らせ、土盛された高速道路を
くぐると景色は一変した。
a0005476_123188.jpg

家屋は倒壊し、スクラップされたような車がいたるところに
転がっていた。
a0005476_124748.jpg


この高速道路の向こう側とこちら側。

たったそれだけであまりにも違う世界。


一緒にいったメンバーも誰一人しゃべらなくなった。

無言のまま、車から降りてひたすらシャッターを押した。
写真を撮るたびに大きなストレスを感じた。
もう撮りたくなかった。

土台だけが広がる海岸沿い。
ここにはたくさんの家があったのだろうという想像しかできない。
a0005476_143385.jpg

ニュースで見てわかっていたつもりでいたけれど
目の前に広がる現実に心が握りつぶされそうだった。


今回の目的は、滋賀の長浜の小学生が手作りで作った
風鈴とメッセージを仙台の被災した小学生に届けるということ。
それが我々の今回のミッション。

それができたことで我々も救われた気がする。

ただ被災地を見るだけで帰っていたら我々も絶望感という
波にのまれていたかもしれない。


実際に小学生にあって、一人一人に風鈴を手渡せたこと
そして、子供たちの顔が見れたこと。
決して皆が笑顔ではなかったけれど、
いつか笑顔になってくれると信じて。
a0005476_165995.jpg


そして、全国から集まったたくさんの文房具・・・
ありがたいことですがという前置きの後、一人の子どもに対して
鉛筆が100本以上あって、逆にありがたみが分からないと困るので
子供たちにはすべての文房具を見せていないのです、という教頭先生。

本当に欲しい物がなく、同じようなものばかりが集まってしまうという
支援物資を送ることの難しさを知ると同時に一人の子どもに対して
鉛筆100本分の愛と親切が全国から届いているんだな
ということも実感しました。


今回の震災でたくさんの方がなくなったことももちろん知っています。
たくさんの人が家をなくしたことも分かっています。

いろんな課題が山積みだということも聞かされました。

でもこれからこの街がどう変わっていくのか
僕はとても興味があります。

10年後もこのままってことは絶対にないはずです。
来月開催される七夕祭りもきっと盛り上がることでしょう。

たくさんの悲しみの上に希望を重ねて
さらに大きな街になっていくんだろうなと思います。

仙台だけでなく、福島や岩手を含めた東北という地域が
どうこれから変わっていくのか・・・
自分にできる範囲で支援をさせていただきながら
ゆっくりと見守っていきたいと思います。
a0005476_1105576.jpg

風鈴を渡した子供たちが大人になる頃
どんな街にそしてどんな日本になっているんだろう。

そんなことをふと考えてみた・・・。
[PR]
# by bbfry | 2011-07-28 01:14 | HitoriGoto
いろんな方のサポートもあり、この度弊社は「経営革新企業」として
滋賀県から承認をいただきました。

今後5年間の経営計画を県庁までいってプレゼンをし
提出書類とともに県から「いいね!」をいただいたような感じです。
Facebookではありませんが(笑)

県内の銀行、商工会議所には一斉通達がいったようで
その日のうちにメインバンクと地元商工会からお祝いの
一言をいただきました。

今後ますますの努力を重ね、たくさんの方からありがとう!
と言われる会社になりたいと思っています。
a0005476_1643661.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-06-27 16:05 | Business
7月中旬にはオープンするであろうカフェ539(ゴサク)

レトロな家具に癒されていつまでもここに居たいと思える
まだオープン前の店内。
a0005476_1224243.jpg

2階あがるとまるでおもちゃ箱から出てきたような車がポツン。
この車の中もカフェにしたいという・・・。それはいい!
a0005476_123255.jpg

昨日はオーナーであるドラちゃんと二人でランチ会。
a0005476_1231454.jpg

頑張ってる人は普通の人の何倍もの速度で走ってる。
だから、楽しいことも悲しいことも苦しいことも・・・何倍も
いろんなことが押し寄せるんだね。

でも大丈夫、きっとうまくいく。

だって支えてくれる仲間がいるんだから。
[PR]
# by bbfry | 2011-06-20 01:25 | Cafe
2009年の始めころ、まだ僕が起業して間もない頃に舞い込んできた
彦根のとある介護福祉施設からWEB製作の依頼。

ずっとペンディングになったまま・・・ようやく動き出したのが
2010年も終わろうとしていた頃だった。

ちょうどその年に入社した女性スタッフM。

今までこの業界にいたこともなく、スキルもまったくなく
気合だけは十分という彼女。

WEBデザイナーと名乗るには果てしない努力が必要と
次々と目の前に課題を積み上げていった日々。
その課題をまた気合いだけでクリアしていく。

そんな環境でほぼ1年・・・

そろそろWEBデザインを任せてみようと
初めて彼女に任せた大きな仕事だった。

そして120%の力を発揮してもらおうと大きな目標を掲げた。
正月に朝礼で皆に伝えた「滋賀WEB大賞とるぞ」宣言。

そこにまた新しく入ったスタッフIのプログラミング力と
映像はまかせろーの外部スタッフVの強力なサポートにより
今回のWEBは完成した。


正直、特別すごい技術は使っていない。

しかし、限られた予算の中でやれることはやりきったと思う。


よく見られる介護福祉施設の典型パターンは
充実した施設案内と安心安全のアピール。

でもみんなでよく考えてみた。

もし自分たちの大切な人を介護施設に預けなければ
ならなくなったらどうする?って・・・。

施設がきれいならそれでいいの?
安心安全って何?

いろんな議論をしながら最終結論はやっぱり人だと。

どんな人がそこにいて、どんなことをしていて
入ってる人は楽しいと思ってるの?ということ。

それを伝えるためには入居者の楽しそうな顔をいっぱい出していこう!
そして写真だけでなく映像が必要だということ。

この無機質なテクノロジーで、温かさを伝える努力をしてみようと。

しかし、そう簡単ではなかった。
入居されている方のほとんどは認知症。
家族の了解が得られなければ顔出しはできない。

施設の人に協力してもらいながらの確認作業。

やっと出来上がったデザインや映像も後から出される
ご家族のNGにまた作り直しや映像の撮り直し・・・。

でもそれでも皆がんばってこれたのは
今年の始めに掲げたあの目標があったから。

そんな今までのことがあり・・・

「滋賀WEB大賞2011 地域貢献部門での最優秀賞受賞」



この賞にどれほどの価値があるか
それはさほど重要なことではない。

人の決めた価値などたいしたことはない。


大切なのは、ひとつの目標にみんなで向かって
努力してそれが目の前で叶ったという事実。
それは賞よりもずっと大切なこと。


これでやっとスタートラインに立った。

これからこんなことが次々と起こると思う。
そして気がつけばきっとすごいことになってると思うよ。

さぁ次の1歩はどこに踏み出そうか。

またワクワクする明日がやってくる・・・。


★滋賀WEB大賞2011 
   地域貢献部門  最優秀賞受賞作品

特定非営利活動法人 ホームスイートホーム
滋賀県彦根市・愛荘町の老人介護施設
デイサービス・グループホーム・託児所

a0005476_14262423.jpg


滋賀県の介護施設のウェブサイトが完成しました。テーマは「笑顔」
[PR]
# by bbfry | 2011-06-11 14:48 | Business
何事もバランスが大事...

人と人の付き合いの中では常に謙虚でいようと思う。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

僕の心の奥のほうに常においておきたいこの言葉。
誰の言葉か知らないけれど、日本人らしいといえばらしい。


でも会社の代表ともなれば、ときに傲慢でなければならないときも・・・。
自分がルールだと言い放つくらいの自信過剰が必要だと思う。
謙虚な気持ちで傲慢なフリが理想かな(笑)


いいことをしたらちょっと悪いことをしよう。
罪悪感を感じたらちょっといいことをしよう。

人生はすべてバランス。

だからいい人にはなりたくない。
周りにちょっと迷惑もかけていこう。

その分どっかでいいことすればいいんだから。
だって人に迷惑かけない生き方なんてつまんないだろ?
なんてね・・・。
[PR]
# by bbfry | 2011-05-30 23:53 | HitoriGoto

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini