最近、CMでもよくやってるし、見た人が続々と「すごく良かった!」
というので「レ・ミゼラブル」を見に映画館に行って来た。

自分の勝手な少人数の統計ではあるが、「すごくいい!」と
いってるのは、ほぼ女性だということ。
で、僕はというと実は・・・最後まで耐えられなくて
途中で映画館を出てしまった。

この映画がどうということではなく、
ミュージカルというものが、きっと苦手なのだろう。

敵から逃げなければならない緊迫した場面で、突然歌を歌われても
「おいおい、今は歌を歌ってる状況じゃないだろー」と
つい思ってしまうのだった。

今回は、奥さんと母親と一緒に見に行ったのだが二人とも
すごく良かったと言っていたし、僕が気になっているような
ところは考えもしなかったという。

「だってさ、死ぬ前に踊りながら歌を歌ってるっておかしくない?」
といっても、ミュージカルってそういうもんでしょと一言でバッサリ。

たしかにそれはその通りなんだけどさ・・・
そんな簡単にその世界観にスッと入っていけない自分。

映画だけに限らず、環境の適応力というものが
女性の方がはるかに上な気がした1日だった。

そして決めたこと。

ミュージカルはもう見ないもん。


[PR]
# by bbfry | 2013-01-24 00:05 | Movie
今年はもう少し長い文章をかけるようにしていこうと思う。
そのためにもやっぱりブログをちゃんと書いていこう。
そう思う2013年の始まり・・・からちょっと過ぎた今日。

日々の出来事はfacebookで十分。
でも頭の中の整理や思いついたことを文章化するには
やっぱりブログがいいと思う。
だって内容がきっとくどいから・・・。
なるべく人に迷惑をかけないブログが最適(笑)


そうそう、
2013年のテーマとなる漢字一文字は「新」にしようと思います。


10年前の自分が想像していた10年後の自分に今なれていますか?
と聞かれたら、その答えにきっと今の僕は困ってしまうと思う。

さらに10年後、今と違う答えが見つかるように
今まで自分がきっと選ばなかったであろう選択を
これからはあえてしてみようと思う。

「自分だったらこうする」という逆を選んでみるということ。

新しい選択の積み重ねが新しい自分を作ってくれると思うから。
そろそろ違う景色を見たくなったんだ。

年齢を重ねカチコチになった自分の考え方を一旦否定して
2013年は「新」を選んでいこうと思います。

a0005476_23595247.png

[PR]
# by bbfry | 2013-01-19 00:01 | HitoriGoto

これでノーサイドか!?

最後に野田さん男を見せてくれやったんかなーと思う。
ノーサイドか。ゲームオーバーちゃうんか。

いつ解散しても結局あーだこーだ言われるんやから
無駄に引き伸ばすより早い方がええんちゃうんかな。
民主党内からは大ブーイングやろうけど・・・。

こんなこと言うたら怒られるやろうけど
久しぶりにおもしろい選挙と違うかな。
どこに入れたらええか分からんという見方が多いけど
その分じっくり考えたらいいと思う。

民主党の返り咲きはまずないとして・・・
自民党か第三極か。

というか政党ってこんなにいっぱいあったっけ?
何なんや、みどりの風って。
みどり安全とは違うよな。
風やでどっかいってまいそうやな。

どこに投票するかは選挙の争点をどこにするかで変わってくるのかなー。
震災復興、原発問題、領土問題、消費税、年金、景気回復・・・

結局、どの問題が今の自分に一番身近なのかってことになるんちゃうん?もし福島に住んでいたりしたらまず最初に原発問題をテーマに選ぶやろうし、中国進出してる会社に勤めてるなら領土問題になるやろうし、特にどれも身近でなければ、漠然と景気回復になるのかな。

前回は、自民イヤ票が民主に大量に入った。それで今の状況になった。今回、民主イヤ票が自民に入ったら結局また同じことのような気もする。かといってそのイヤ票が第三極に入っても違う気がする。

自分が何かできるわけではないのだから、代わりにやってくれる人をイヤ票ではなく応援票としてちゃんと選んで入れるべきなんやろうなー。その結果が予想外やとしても選ばれた党を批判するのではなく応援しよかな。

そんなことをビール飲みながら、WBCを見ながら・・・ふと思う。

あー、つーか山本監督の方が心配やな。頼むで〜。
[PR]
# by bbfry | 2012-11-16 21:45 | HitoriGoto

ドライブを楽しもう

あれはちょうど一週間前のことだった。

人生というドライブをしていたら、ちょうど「結婚式」
という道路標識を通り過ぎた。

なかなかの上り坂だったけれど
通り過ぎるのはあっという間だった。

そして、ここからは一緒に旅をするパートナーが
助手席に座ってくれた。
さて、長いドライブを楽しんでいきますか。

a0005476_23292730.jpg

[PR]
# by bbfry | 2012-11-10 23:29 | HitoriGoto
ばあちゃんの墓石を、無心に磨く。
ただ、ただ、ひたすらに磨く。

幼少の記憶が蘇ってくる。
物凄く可愛がってくれた。僕は、初めての孫になる。
彼女にとって、僕の存在は明らかに特別だった。
それは子供心にも強く感じられるほどに。
あからさまな愛情表現が、気恥ずかしいくらいに。

いつも、いつも、笑顔だった。
怒る時でさえ、目が笑っていた。

ばあちゃんが、そこにいるようだ。
墓なんて、ただの石なのに。

穏やかな心で、今僕は、ここに居る。

by サトウタカシ


10年前のサトウさんのこのコラムが僕にはとても印象的だった。
僕もおばあちゃんに同じように愛されたから。
いつもそばにいてくれて、いつも僕の見方だった。
とにかく僕はおばあちゃんが大好きだった。

そんなお互いのおばあちゃんの話でもしたかったな。
いっぱいあるんだよ、おばあちゃんネタは。

そして今僕はサトウさんの墓を無心で磨く。
青いキキョウの花をそっと供えて。

あれからあっという間に3年がたった。
遠くにいるような、近くにいるような・・・どこにいるんだろ。
そんなことを考えながら、東京から滋賀に昨日帰ってきた。

11月3日の結婚式には来てくれるかなー。
[PR]
# by bbfry | 2012-10-08 22:40 | HitoriGoto
「本を書いてみない?」

2011年が終わろうとしている頃にそんな話をいただいた。
先月まで入居していたSO-HOオフィスを運営する
滋賀県産業支援プラザからだった。

タイトルは「近江の起業者ものがたり」

まだ僕は成功も何もしていない駆け出しの起業者なのに
そんな本を書いていいんだろうか・・・と思いつつも「書きます」と即答した。

このブログを書き出してもう8年がたつ、過去のブログを読み返して
2006年にこんな記事を見つけた。
http://bbfry.exblog.jp/4607960/

ブログを続けている理由を語る6年前の自分・・・

文章を書くことに慣れるため、そして文章を
うまく書けるようになりたいと思った。
読書が好きな私は、いつか自分も執筆という
仕事をしてみたいと夢見たりもした。  
         ― 2006年11月1日 ―



そして2012年6月、初めて執筆させていただいた文章が
本になって発刊された。

a0005476_20165996.jpg


原稿用紙で約30枚くらい。
文章はあふれるように次々と出てきた。

なるべく余計な文章はそぎ落とした。
結局、原稿用紙に20枚くらいになった。

このときばかりは文章を書くことが楽しくてたまらなかった。



この本の中には14名の起業者が出てきます。
僕はその14番目に「人生を変えたメルマが」というタイトルで掲載されました。

そして、先日滋賀県の嘉田知事よりお声がかかり
14名の起業者と知事との座談会が行われました。
なにより、公務で忙しい中、すべて読まれていたことに感動しました。

この本は、非売品だそうですが県内の各図書館や
商工会議所などに置かれるそうです。

今回、お声をかけていただいた産業支援プラザの皆様
そして、関係者の皆様ほんとうにありがとうございました。


そして、もし可能なら8年前にブログを始めた自分にこの本を贈ってあげたい。
[PR]
# by bbfry | 2012-07-06 20:59 | Book

「すいせん」と「幸せ」

久しぶりにブログの投稿、facebookを使い始めてつくづく思う。
あれは便利だけど文章が下手になりそう。

久しぶりなので報告がいろいろあって・・・
ひとつは今月から事務所を移転しました。
※ 住所と電話番号が変わりました。

詳しくはウェブで。http://nini-design.com/

もうひとつは、ようやくですが・・・
結婚することになりました。11月に式をあげます。

ちなみにうちのスタッフの女の子も9月に結婚式をあげます。
なんだかお祝いごとのラッシュな2012年。

もう半分が終わったけれど、残りの充実するであろう半年を
思いっきり駆け抜けたいと思う。
仕事も本当に今は大切なとき、この1年でこれからの会社の
行く末が決まるであろうと思う。

そんな中、地域の活動があり、結婚式があり・・・
たぶん息をついてる暇はない。
でも何があっても上を向いて走るのみ。


僕の好きな詩人の星野さんの詩にこんなのがある。

「すいせん」

幸せという花があるとすれば
その花の つぼみのようなものだろうか。
辛いという字がある。
もう少しで
幸せになれそうな字である。


辛いことの先に幸せがあるという意味だろうか
それとも自分の感じ方次第で辛いことも幸せと思えるし
「幸せ」を幸せだと感じていなければ花は咲かないという意味だろうか。

どちらにしても今の自分は、今の会社は
まだまだ「つぼみ」

きっともう少しで幸せになる前なんだろうな。
さてさて、もう一息がんばろう。
[PR]
# by bbfry | 2012-06-15 23:32 | HitoriGoto
ちょうど1年前、出張先の東京で帰宅難民としてとぼとぼと
歩いていたのを思い出す。
まさか世の中がすごいことになっていることも全く知らず。

どこに行ってもロクに食べるものがなく、
吉野家に行ったら長蛇の列。
ここは日本なのかと思ったあの日。

そして今日思い返しても本当にあれは
現実だったのだろうかとふと不思議に思う。
あの後、東北の被災地にも行って直接目に
焼き付けてきたはずなのにそんな風に
感じてしまうのは不謹慎だと思いながら・・・。

でも本当の悲しみは深すぎて遠くに住んでいる僕にはきっと
分からないんだろうと思っているけれど、ほんの少しでも
感じながらご冥福を捧げたいと思う。
[PR]
# by bbfry | 2012-03-11 22:32 | HitoriGoto
ゴーン、ゴーン・・・
除夜の鐘が鳴り響く大晦日。



その音の元へ行ってみようと深夜に彦根城に登ってみる。
するとそこには108回を超えるんじゃないか
というくらい・・・鐘を突く順番待ちの人。

ハァーッ、ハァーッと手を口にあて白い蒸気を
上げながら天守閣のある頂上まで登る途中に日付が変わり

「あけましておめでとう」

2012年のスタートを彦根城で迎えました。
a0005476_15372645.jpg

1年を締めくくる漢字が「絆」であったことからも分かるように
2011年はいろんなことを考えさせられる1年でした。

3.11の20日前に商工会の事業で行っていた仙台。
震災後、復興支援で再び訪れた仙台。

「絶望ではなく希望を感じた仙台」(2011.7.28投稿記事)

まったく違う景色の中、どうしても訪れたかった場所へ・・・

震災前にお世話になった居酒屋のお母さん。
まだ店はあったので入ってみると「いた!」

わざわざ滋賀から来てくれたんだね〜と
泣いて喜んでくれたお母さんにもらい泣き…。


滋賀に帰ってからは地域活動の中で東北支援の
物産販売のお手伝いをさせてもらったり。

また「抱きしめてBIWAKO」の活動をしてみたり。

琵琶湖1周25万人で手をつないで抱きしめるイベント。
そこで集まった募金はびわこ環境への基金と東北への義援金。
当日は雨天で結局25万人集まらなかったものの
16万人という参加者が集まり滋賀県を
上げての大きなイベントになりました。
a0005476_15383462.jpg

「11.6 びわ湖を抱きしめた日」(2011.11.10投稿記事)

復興支援や地域活動というものを通じて「生きる」というテーマを
とても勉強させてもらったとても濃い1年でした。

今年は昨年以上にさらに濃い1年になるように元旦の今日から気持ちを切り替えて新しい自分で2012年を臨みたいと思っています。

支えていただいている皆様、応援していただいている皆様。

今後もおもしろく、そして楽しい報告ができるようにどんどん
新しいことにチャレンジをしてがんばっていきたいと思います。

本年もどうぞ変わらずよろしくお願い申し上げます。
a0005476_15322327.png

[PR]
# by bbfry | 2012-01-01 15:39 | Column
港で出合う芸術祭 神戸ビエンナーレ

海外を含めて様々なアーティストの作品が神戸に集まった。
どれくらいの作品を見ただろうか・・・アートづくしの1日。
以前に行ってきたのを今公開、ビエンナーレが終わったので(笑)

正統派からユニークまで。

もっとも記憶に残っている作品はと言われたら
難しいけど、どの会場?かと聞かれれば
ポーアイしおさい公園と答えるかな。

ここにはシュールな作品が多かった。


微妙に元気がない人?(笑)
奥に映っている大きな船は「世界一周船ピースボート」
a0005476_1181890.jpg


よくわからないでっかい金のコメと粗大ゴミで作られたポートタワー。
ちなみに港の向こう岸に小さく映ってるのが本物のポートタワー(笑)
a0005476_1192410.jpg


中にはこんなのも・・・
「未来とは何か」を問い続けながら遠くを見つめているらしい。
その深さを感じられないのがいい(笑)
a0005476_1201792.jpg

[PR]
# by bbfry | 2011-12-01 01:20 | Art

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini