<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ドキドキして観戦することになった「K-1ダイナマイト」

永田克彦 vs 勝村周一朗

永田選手の見事なKO勝利!
アメリカに武者修行に行っていた成果なんでしょう。

年明けにマネージャーさんからメールが来ると
思いますが、いい写真をウェブにアップできそうです(^^)

永田克彦 公式ウェブサイト
[PR]
by bbfry | 2006-12-31 22:34 | Sports

名古屋で

滋賀に帰る途中、名古屋で途中下車。
いつもの大学時代の友人と手羽先とビール。
この光景を見ると「あぁー今年も終わったんだなー」とシミジミ・・・。

翌日、あわてることもないので鈍行電車で帰ると
関が原あたりから景色が白くなってくる。

ちらほらと残っている雪が田舎の正月っぽくていいね。
[PR]
by bbfry | 2006-12-31 22:20 | Daily News

太陽のカフェ

a0005476_17231256.jpg

お昼を食べようと家の近くをふらふらと歩く。
たまたま目に留まった不思議な空間。
看板には小さく書かれた『太陽カフェ』の文字。

気になる…

吸い込まれるように中に入るとこのカフェを
象徴するかのような見事な壁。
雑然とした店内の一つ一つにアートを感じるのだ。
壊れた入り口のドアノブ。
汚れた感じの古びた壁。
針金で吊っただけのトイレットペーパー…
なぜか心くすぐる瞬間が目を移すそこいらに存在した。
お店の人も気さくでいい人。
深夜3時までやっているという。

しばらくちょっと通ってみたい気分にさせてくれた。
[PR]
by bbfry | 2006-12-30 17:23

年越し鍋

昨日は、某プロダクションの事務所で毎年恒例の鍋パーティ in 赤坂。

ここのK社長が作るオリジナル特製スープが、ほんとにウマくて
これを食べないと年が越せません(^^)

いろんな業界の方が来られていて、超盛り上がりました。
結局、深夜2:00まで飲んじゃってヘロヘロ(^^;)
[PR]
by bbfry | 2006-12-29 01:47 | Daily News

飛んだ笑らった

クリスマスと言えど、これを見逃すわけにはいかないというイベントが2つ。

ディープ有終V、3馬身差で快勝…有馬記念 【読売新聞】

競馬は、G1レースしか基本的にやりませんが、
今年はまだ一度も当たってません(^^;)
今年最後ということで何とか取りたかったんだけど、
見事にまたハズしました(笑)
でも、ディープのあの走りを見たらもうOKです。
三宅アナの「ディープが翼を広げたー!」の文句がとても印象的でした。
ホントに翼を広げて飛ぶように走りましたね。圧勝・・・すごいです。

<M―1>「チュートリアル」若手漫才日本一に 【毎日新聞】

毎年楽しみにしているM-1グランプリ。
実は、K-1よりも好きだったり・・・。

今年は、誰が見てもチュートリアルしかないでしょう!
フットボールアワーもねぇ~たしかにウマイんだろうけど
知ってるネタだっただけに笑えなかった。
せめて決勝ぐらいは新ネタで来てほしかったなぁ。
個人的にはライセンスの次のネタを見てみたかった気がする。
[PR]
by bbfry | 2006-12-24 23:59 | Daily News

クリスマスとは芝居

現在公演中の「COLORS II」のお芝居を青年座に見に行ってきました。
お芝居と歌とのコラボレート。
劇中の舞台はパリということでシャンソン。

始まりは、オクドイミカさんのシャンソンでフワフワと
観客の心をパリへ連れて行ってくれた。

芝居の内容を一言で言うと、「いつの時代も女は魔女」という
ちょっと皮肉も入った非常にシュールな作品。
そして、コメディのような楽しいお芝居で
客席から笑いが生まれ、かと思えば、シャンソンの「恋は水色」を
聴いて涙してる方も客席の中にいた。

何十年も前の歌とは思えない・・・
オクドイミカさんによって命を吹き込まれたその歌は
出来たばかりの新しい歌のようでした。

人それぞれ、違う過去を思い浮かべながらシャンソンを聴き入る。

もし思い出に色があったなら、舞台から見る
客席は色とりどりだったでしょうね。

終わってから、会場内の特設バーで座長のひがしゆきさんに
ビールをいただき、舞台に出ていた女優さんが作られた料理を
おいしくいただきました。

素敵なクリスマスになりそうです。
[PR]
by bbfry | 2006-12-23 23:23 | Daily News

彦根城、炎上?

彦根城、炎上? 赤色ライトアップ不評 「白」に戻す 【産経新聞】

彦根城のライトアップを一時的に赤に変えてみたら
燃えてるようでよくないと・・・不評だそうだ。
ちなみに赤は井伊家の甲冑(かっちゅう)の色。

中にはラブホテルっぽいという声も(^^;)

でもこういった試みはおもしろくていいんじゃないかなぁー。
おかげで話題にもなってるわけだし・・・。
いっそのことクリスマスなんだし、赤や黄色で飾り付けをしてみては。

井伊家の赤の鎧を着たサムライが馬じゃなくトナカイに乗って現れるとか・・・。
欧米かって言われそう(^^;)

そういや最近は、木村拓哉さん主演の「武士の一分」のロケ地に
使われたとかで訪れる人も多いとか。
[PR]
by bbfry | 2006-12-23 02:05 | Daily News
今年のK-1ダイナマイトは去年よりもおもしろそうだ。
KIDも魔裟斗も出場するし、何といっても永田さんの出場が決まった。
魔裟斗は、いつも行ってるジムでよく見かけるだけで
しゃべったことはないけど(^^;) 何となく親近感があるから応援してる。

永田さんは、公式ウェブサイトの打合せで今年の夏にお会いして
実は同い年ということが分かった・・・全然活躍の場が違うけど(笑)
渡米しての修行の成果を発揮してほしい。
年明け早々、勝利の結果を公式サイトにアップできるといいなぁー。
[PR]
by bbfry | 2006-12-19 23:54 | Sports

心地よいハンマーの音

久しぶりの東京オペラシティ
仕事帰りのサラリーマンでごった返す新宿駅を急ぐ。
相変わらず京王新線への乗り換えは分かりづらい。

仕事で遅くなり、後半から参加した東京シティ・フィルの定期演奏会。
前半のモーツァルトのピアノは聴きたかったが逃してしまった。
クラシックのコンサートは演奏途中で中に入れない・・・。

そして、後半はマーラーの交響曲。
『交響曲 第6番 イ短調 <悲劇的>』
マーラーは比較的聴きやすくていい。これは最初から聴けた。

今回の演奏のテーマは、「悲劇的」
マーラー自身の破滅を描いているそうだ。
英雄が巨大ハンマーで打ち砕かれるさまを打楽器で表している。

そういう内容を聞くと暗い気分になるが、意外と心地よい演奏だった。
バイオリンの繊細な音で、ウトウトと眠くなり
打楽器のドーンという音で目を覚ます・・・

寝てるんじゃねーか!と言われそうだが
生演奏を聴いて寝るって贅沢でいいんだなこれが(笑)
だってマーラーのこの曲は80分もあるんだもん・・・。

とくに最近は、月9ドラマ「のだめカンタービレ」でクラシック音楽の
見方がちょっと変わってきたので・・・
というかあまりにも知らな過ぎたし(笑)
ちょっとクラシック音楽を結構楽しめるようになってきた。


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
グスタフ・マーラー
[PR]
by bbfry | 2006-12-16 18:33 | Music

血液型別ヨーグルト!?

車のカラーも多様化してきたということを以前書いたが
先日ラジオでおもしろい話を聴いた。

来年春頃、血液型別のヨーグルトが発売されるらしい。
A型用ヨーグルト、B型用ヨーグルト・・・

どうやらヨーグルトを食べてもほとんどの乳酸菌は
意外とすぐに体外排出されてしまってるらしい。
これを血液型別に成分を変えると腸内に長くとどまる
乳酸菌を含むヨーグルトを作れるそうだ。

そういった医学的な観点もあるが、こういった商品の細分化は
これからのトレンドになっていくような気がする。
[PR]
by bbfry | 2006-12-12 22:53 | Daily News

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini