<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大阪ドームに到着!

a0005476_1549097.jpg

これから始まるリアルファイト。

『K-1ダイナマイト』

今知ったが、今日は矢沢の永ちゃんライブもあるらしい。
ラッキー!
でもステージまでちょっと遠い…。

----------------------追記
ドーンと花火が上がると同時に蝶ネクタイの男が開会のあいさつをした。
誰だ誰だとざわめく会場。
大型ビジョンにアップが映し出されると会場がどよめいた。

清原だー。

いきなり思いがけないゲストにやられてしまった。感動(泣)
もうプライドを見たかったなんて気持ちは微塵もない。

そして、盛り上がる試合もあれば盛り下がる試合もあり・・・。
そんな中、永ちゃんの熱唱はこの日一番の盛り上がりではないか
というくらい会場が熱気に包まれた。

すべての試合が終わり、思い返せば「所×ホイス・グレイシー」の
試合が一番見ごたえがあった。息を呑む試合とはこのことかと・・・
本当に身を乗り出して観戦した。
リングから帰る所選手に会場から惜しみない拍手が
見えなくなるまでずっと送られた。

そして、このK-1ダイナマイトのチケットは
妹夫婦からの最高のクリスマスプレゼントとなった。ありがとう!
東京に遊びに来たらどこへでも連れてってやるからね~。
[PR]
by bbfry | 2005-12-31 15:49

そして大阪へ

大学時代の友人と飲んだくれ、名古屋でカプセルホテルに泊まった。
最近、オヤジ化してきたのか、飲んだ後はみんなで
サウナに行くのが恒例になってきた。
深夜までマージャンをやっていた以前のことを考えると
かなり健康的でこれが実は心地よい。
そう、気がつけば自分もいいオヤジなのだ・・・(笑)

そして翌日の今日大晦日、急遽大阪に飛んだ。
昨日、大阪の妹から1通のメールが来たからだ。

  「K-1ダイナマイトに一緒に行く友達が急に行けへんくなってん。
  兄ちゃん行かへんかー?」

家に帰ってプライドの小川×吉田が見てー。しばらく迷った(その間5秒)。
うーん、でも行く行く(笑) やっぱリアルファイトがいいっ!

すでに大阪に到着し、準備万端。
ただ着くのが早すぎた(^^;)
まだ試合開始5時間前・・・

あのヘンテコな形の大阪ドームで行われる決戦まで
ワクワクする気持ちを抑えつつ、ひとまずネットカフェで
あわただしい大晦日の時間をゆっくりと過ごす。
[PR]
by bbfry | 2005-12-31 11:58 | Daily News

そして名古屋へ

年末恒例のバタバタぶりに加えて年賀状という
すばらしく面倒な作業に追われ気が付けば
今年も残すところあと2日。

年賀状も作り出すとオリジナルに
こだわってしまうので時間がかかるのだ~。
これから今年最後!?の忘年会のため名古屋に移動中…。
[PR]
by bbfry | 2005-12-30 15:56

赤坂・鍋パ

恒例の某プロダクション主催の鍋パーティ。
アナウンサーや作家に司会。そしてお笑いの人まで
にぎやかに鍋といいお酒を飲みました。
最後にネタを披露してもらい会場は大ウケで最高潮!
カニや黒鯛…最高でした。
[PR]
by bbfry | 2005-12-30 15:50

ブラックマヨネーズ

クリスマスと言えば・・・
毎年これが楽しみなのだ。M-1グランプリ。
今年の優勝は、初出場のブラックマヨネーズ。
久々に涙が出るほど笑い転げた。
最後の方は私の腹筋も笑っていた。

関西にいるときは、よく彼らをTVで見るのだが
東京に来ると全く見ない。関東ではほとんど知名度がない。
しかし、これで一気に人気が出るだろう。
来年は、東京進出かな。
楽しみだなぁー。
ポスト「雨上がり決死隊」?

M-1を見ていつも思うのは、日本人で良かったと思う(笑)
アメリカでも漫才なんてあるのかな~?

今年も最後によく笑った。
「笑う門には福来る」ということで・・・。年末ジャンボも買ったし。
[PR]
by bbfry | 2005-12-26 22:28 | Daily News

『地下鉄に乗って』

浅田次郎という作家を初めてこの本で知った。

先日、最近感動した本は何?という話題の中で
ある人からこの本を薦められた。

『地下鉄(メトロ)に乗って』 浅田次郎 著

タイトルからイメージしていたストーリーから、私の予想は
大きく外れ、えっえっ?という展開に夢中になって読んだ。

a0005476_035251.jpg人生にくたびれきった中年サラリーマンが体験するタイムトリップ物語。
主人公がずっと憎んできた父、その父の子供時代であった昭和初期に突如迷い込んでしまう。奇しくもそこには戦地に向かうまだ幼い父がいた。

そして、過去と現実を行き来しながら次第に父を理解していく・・・

最後の解説では、馳星周さんがこう語る。
「本書を読み終えたとき、わたしはしばらく本を閉じることができなかった。
・・・たぶん泣いていたのだと思う。」

来年には映画化されるという。
出演は、堤真一・岡本綾・常盤貴子・大沢たかお
この出演者だけでももうすでに見てみたいと思う。
[PR]
by bbfry | 2005-12-22 01:52 | Book

マイチャリが・・・

お気に入りのマイチャリ 『Chevrolet』
いちおう、ガイシャ・・・チャリだけど・・・

鍵を外し、チャリにまたがる。
さぁ出かけよう!

ズブズブズブ・・・

おいおいパンクしてるよ(^^;)
やられたー。

自転車屋さんに見てもらうと3箇所くらい
釘みたいのをさされていたそうで・・・
なんとも暇な奴らがいるもんだ。

まぁー自転車自体がなくなってなくて良かった。
サドルがパクられたことも昔あったが
それに比べれば良しとするかー。

東京にいる以上、パンクの修理代は
自転車の維持費みたいなもんなのかなー。
[PR]
by bbfry | 2005-12-20 00:05 | Daily News

OFF WAR

横浜赤レンガ倉庫・・・透明の階段を登っていくと
そこには整然と並べられたセピアの写真。

耳を澄ますと泣き声が聞こえてきそうな切ない写真。
戦争の犠牲になった子供たちの悲しい顔・・・
笑顔の写真はひとつとしてなかった。

ロバート・キャパの写真展 ~ OFF WAR』

戦地の写真であるが、銃を構えたり敵と戦っている写真はなく
すべてが人を撮った写真ばかりであった。
不安の中であっても生きている人の写真・・・
その中の人たちは皆、悲しい目をしていた。

そして1954年、彼自身もベトナムの地で地雷の中に消えた。
[PR]
by bbfry | 2005-12-17 21:19 | Art

カズの雄姿を見に国立へ

昼食を食べていると携帯にメールが届いた。
Nさんからだった。
メールを確認する前にもしや・・・と思ったりもしたが
ほんとにその通りだった。

「今日のTOYOTAカップ、シドニー戦のチケットが
手に入ったので見に来ませんか?」

うん、行く行く!やったー!(^^)

仕事を終えると私は国立競技場に直行した。

a0005476_2174915.jpg観客動員は5位決定戦とは思えないほど大混雑。
シドニーFC(オーストラリア)vsアルアハリ(エジプト)を見に来たというより誰もがカズを見に来ていた。カズがボールを持つたびに盛り上がり、つねにカズコールが響き渡る。
まるでカズのために用意された試合ではないかと思うほど完全に主役はカズであった。

そんな環境で両チームの外国人選手はやりにくかったと思う。
でも、試合終了後オーストラリアの選手がカズを肩車して
ファンの声援にこたえていたのはとても印象的だった。
[PR]
by bbfry | 2005-12-17 02:19 | Sports

ガンだったなんて・・・

今TVから流れてきたニュースを見てにわかに驚いている。

「オリックス前監督 現シニアアドバイザーの仰木彬さんが15日、
福岡県内の病院で亡くなられました。」

ガンだったそうですが・・・
シーズン後半から体調が悪いということはニュースを通じて
聞いていましたがまさか亡くなるなんて・・・。

とても悲しいニュースではありましたが
死の間際まで自分の道を迷いなく歩まれていた
仰木さんはとてもカッコよく、素敵だと思いました。

「グラウンドで死んでやる」と生前に言われていたそうです。。。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by bbfry | 2005-12-15 23:40 | Daily News

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini