カテゴリ:HitoriGoto( 101 )

わがままな女性ってすっごい素敵ですよね。一緒にいてほんとに愉しいです!だって何をしたら喜ぶのかって答えを自ら言ってくれてるわけでしょ。だったらそれをやってあげたらいいやんってことですよ。

じゃあ男性は女性がなんでも好き放題言ってもそれをすべて受け入れるんですか?って言われるかもしれませんが、答えは簡単。すべて受け入れたらいいんですよ。

でもね、女性の皆さんにひとつだけお伝えしたいことがあります。

それはわがままも「愛情」を乗せて言って欲しいんです。

愛情のないわがままって単なる自分勝手だと思うんですよ。それが全く同じ内容だとしても愛情がなければやっぱりそれは自分勝手だと思います。

愛情のある「わがまま」と単なる「自分勝手」ってどう違うんでしょう?女性が愛情あるもん!!って言っても男性から見たら単なる自分勝手というのもありますよね。

その違いってなんだと思いますか?

今、あなたが心に思っているわがままを聞いて欲しい人は誰でしょう?そのわがままが叶えば誰でもいいですか?それともこの人に聞いて欲しいという相手が思い浮かびますか?誰でもいいので叶えて欲しいわがままは単なる自分勝手じゃないでしょうか。

わがままを叶えて欲しいと思う男性にあなたの愛情をもっと注いであげてください。その愛情は特別なものじゃなくてもいいと思うんです。パートナーや家族との時間をもっと大切にしてください。記念日だから何かをするんじゃなくて、生きている間は毎日が特別なんですよ。どうでもいい日なんて1日だってないんですから。

そうすればきっとわがままを言うことが愉しくなるでしょうし、男性もわがままを聞くのが愉しくなるはずです。

今あなたのわがままは「自分勝手」になっていませんか?
[PR]
by bbfry | 2015-06-14 11:47 | HitoriGoto
2014年のどういった年にしたいかという気持ちを表す漢字一文字を
あげるなら「断」かな。

決断の「断」でもあり、断るの「断」でもあり、断捨離の「断」でもあり
行き先が決まったならば、それ以外の余計なことは「断」の強い気持ちでやらない。
ということを決めるということを今年はやっていきたい。

周りから冷たいと言われようが、目的地に向かって全速力で走るために
断るという行為をうまくなっていこうと思う。

a0005476_7503937.png


どこかにたどり着きたいと欲するならば、
今いるところには留まらないことを決心しなければならない。

by J・P・モルガン


モルガン創始者J・P・モルガンの名言です。
仕事においてのスキルも同様のことが言えます。
ベテランになってはいけません。
[PR]
by bbfry | 2014-02-14 07:51 | HitoriGoto

ジョギングと妄想

朝早く起きていつものようにびわ湖までジョギングしようと
家を出ると...ちょうど向こうから知らないおじさんが
こっちに向かってウォーキングをしている。

そのうちすれ違うのだが、なぜかおじさんは満面の笑み・・・。

ジョギング中にすれ違った人とあいさつをするのはよくあることで
それだけで心がなんとなくほっこりするもんだ。
なので僕はそんな一瞬の挨拶だけの交流がわりと好きだったりする。そして、今すれ違ったあの人はなぜ朝走ろうと思ったんだろうかと勝手にいろんな妄想をしながらその後のジョギングを楽しんでいる。

しかし、今朝すれ違ったオジさんはちょっと違った。

僕:「おはようございます!」

オジさん:「おはよう!」
     「いつもこうやって朝歩いて、
      それ以外は孫の世話したりなんかしてるんや。」

僕:「それはいいですねー」


この時点でもうすれ違っているのだが、
今度は後ろ歩きでオジさんはこう言った。

「最近、料理教室にも通ってるんだよ。」

と僕たちはどんどん遠ざかる中、オジさんはそんな話題をふってきたが、僕は走りたかったので笑顔で「がんばってください」と話をぶった切った。

なかなか自由なオジさんだった(笑)

きっと孫の世話が楽しくて、なんか美味しいもんを食べさせてあげたくて料理教室に通い出したのだろう。
そして、そのためには体が元気じゃないとなと思って朝からウォーキングをしているのかもしれない。

僕はまだ朝ジョギングを始めて1ヶ月程度なのでこのオジさんを見習って朝の習慣にしていきたいと思う。僕にも自分なりに走る理由はあるのだから。

理由のない努力は絶対に続かないと思う。だから理由付けは大切だと思う。そしてその理由を目標に変えて覚悟して実行したとき人は走るのだろう。

ちなみに朝走っている人をみんな走るのが好きだと勘違いしている人が多い。たしかに決して嫌いではないが、なるべくなら走りたくないと僕は思っている。そして、朝起きて雨が降っていたら「あぁ〜今日は走らなくていいだ」と思う。フルマラソンでゴールした直後はもう二度と走るもんかと思っている。

でもこうやって今も走っているにはそれはきっと理由があるから。
だから走っている人を見ると「なぜ走ってるんだろうな」という
妄想をすることがちょっと楽しかったりするんだ・・・。

明日から2013年の後半戦がスタート。

何か一つできるところから習慣を変えてみませんか?

そして一緒に走りましょう!

NikeRunで!
http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/running

a0005476_10184624.jpg

[PR]
by bbfry | 2013-06-30 10:22 | HitoriGoto
とある人に大阪で久しぶりにお会いした。
まだ3回ほどしか会っていないのだけれども・・・
いつも印象が強烈で会った時の一瞬がとても濃く深く感じるのだ。

人生には転機というものがあり、僕にとってのそれは過去に3回あった。
1回目はサラリーマンを辞めた時
2回目はフリーランスから会社を立ち上げた時。
3回目は東京から滋賀に帰って2つ目の会社を立ち上げた時。

そして今、4回目の転機が訪れている気がする。
いつもキッカケはグッドタイミングな人との出会い。

こういうときはきっと何かを変えるチャンスなのだろう。

若いころは、自分が飛びたい方向にがむしゃらに
逆風に立ち向かってがんばっていた。
でも歳を重ねるごとにそれは間違いなのだと思うようになった。

なぜ風が吹いているのかを考えていなかったからだ。

鳥のように風に身を任せて飛んでいこう。

そう・・・風が吹く方向に。

大切なことは風に乗ることなんだ。
そして、今ここから飛び立つことを決意すること。

GWが終わったら、さぁ新しいスタートだ。
a0005476_13515060.jpg

[PR]
by bbfry | 2013-05-06 13:52 | HitoriGoto

雲の上で思うことは

沖縄に向かう飛行機の中、12000m上空でふと思う。

雲を抜けて青い空から見下ろす世界にサヨウナラ。

ちょうど今、永遠のゼロという小説を読んでいる。タイトルのゼロとは戦時中の日本の戦闘機ゼロ戦のゼロ。

今時のニートの若者が若くして亡くなった自分の祖父のことを知るために旅に出ることから始まる物語。

当時の戦友から次々と知らされる祖父の知らない過去。

ふと思ったのはそんなこと…。

ロクに訓練もせずに行きの燃料だけで飛ばされる、『当時の今時の若者』

どんな気持ちで空を飛んだのだろう。

日本のために…
自分の命を差し出したカミカゼ特攻隊。

もちろん皆が志願したわけでもないだろう。でもそこで手をあげたものが勇者と認められた時代。

生まれた時代が悪かった。

それで片付けられることでもないだけれど。

現代において、イスラムの自爆テロと当時の日本のカミカゼ特攻隊との違いは何なのか。

自爆テロのニュースを見るたびに、なぜそんなに命を粗末にするのだろうかと。

しかし、60年前の日本のメディアならこういったテロをどう扱ったのだろうか。

視点が違うだけで物事はまったく違うものに見えるのだろう。
今の自分の立ち位置から見た世界。自分の知っている出来事。

もっともわかっていなければいけないこと…。
それは、今の自分から見えているものはほんの少しの横顔なのだということを。

そうこうしてるうちに沖縄に着いた。
ゆっくり考えてる暇もない。
[PR]
by bbfry | 2013-02-03 08:14 | HitoriGoto
今年はもう少し長い文章をかけるようにしていこうと思う。
そのためにもやっぱりブログをちゃんと書いていこう。
そう思う2013年の始まり・・・からちょっと過ぎた今日。

日々の出来事はfacebookで十分。
でも頭の中の整理や思いついたことを文章化するには
やっぱりブログがいいと思う。
だって内容がきっとくどいから・・・。
なるべく人に迷惑をかけないブログが最適(笑)


そうそう、
2013年のテーマとなる漢字一文字は「新」にしようと思います。


10年前の自分が想像していた10年後の自分に今なれていますか?
と聞かれたら、その答えにきっと今の僕は困ってしまうと思う。

さらに10年後、今と違う答えが見つかるように
今まで自分がきっと選ばなかったであろう選択を
これからはあえてしてみようと思う。

「自分だったらこうする」という逆を選んでみるということ。

新しい選択の積み重ねが新しい自分を作ってくれると思うから。
そろそろ違う景色を見たくなったんだ。

年齢を重ねカチコチになった自分の考え方を一旦否定して
2013年は「新」を選んでいこうと思います。

a0005476_23595247.png

[PR]
by bbfry | 2013-01-19 00:01 | HitoriGoto

これでノーサイドか!?

最後に野田さん男を見せてくれやったんかなーと思う。
ノーサイドか。ゲームオーバーちゃうんか。

いつ解散しても結局あーだこーだ言われるんやから
無駄に引き伸ばすより早い方がええんちゃうんかな。
民主党内からは大ブーイングやろうけど・・・。

こんなこと言うたら怒られるやろうけど
久しぶりにおもしろい選挙と違うかな。
どこに入れたらええか分からんという見方が多いけど
その分じっくり考えたらいいと思う。

民主党の返り咲きはまずないとして・・・
自民党か第三極か。

というか政党ってこんなにいっぱいあったっけ?
何なんや、みどりの風って。
みどり安全とは違うよな。
風やでどっかいってまいそうやな。

どこに投票するかは選挙の争点をどこにするかで変わってくるのかなー。
震災復興、原発問題、領土問題、消費税、年金、景気回復・・・

結局、どの問題が今の自分に一番身近なのかってことになるんちゃうん?もし福島に住んでいたりしたらまず最初に原発問題をテーマに選ぶやろうし、中国進出してる会社に勤めてるなら領土問題になるやろうし、特にどれも身近でなければ、漠然と景気回復になるのかな。

前回は、自民イヤ票が民主に大量に入った。それで今の状況になった。今回、民主イヤ票が自民に入ったら結局また同じことのような気もする。かといってそのイヤ票が第三極に入っても違う気がする。

自分が何かできるわけではないのだから、代わりにやってくれる人をイヤ票ではなく応援票としてちゃんと選んで入れるべきなんやろうなー。その結果が予想外やとしても選ばれた党を批判するのではなく応援しよかな。

そんなことをビール飲みながら、WBCを見ながら・・・ふと思う。

あー、つーか山本監督の方が心配やな。頼むで〜。
[PR]
by bbfry | 2012-11-16 21:45 | HitoriGoto

ドライブを楽しもう

あれはちょうど一週間前のことだった。

人生というドライブをしていたら、ちょうど「結婚式」
という道路標識を通り過ぎた。

なかなかの上り坂だったけれど
通り過ぎるのはあっという間だった。

そして、ここからは一緒に旅をするパートナーが
助手席に座ってくれた。
さて、長いドライブを楽しんでいきますか。

a0005476_23292730.jpg

[PR]
by bbfry | 2012-11-10 23:29 | HitoriGoto
ばあちゃんの墓石を、無心に磨く。
ただ、ただ、ひたすらに磨く。

幼少の記憶が蘇ってくる。
物凄く可愛がってくれた。僕は、初めての孫になる。
彼女にとって、僕の存在は明らかに特別だった。
それは子供心にも強く感じられるほどに。
あからさまな愛情表現が、気恥ずかしいくらいに。

いつも、いつも、笑顔だった。
怒る時でさえ、目が笑っていた。

ばあちゃんが、そこにいるようだ。
墓なんて、ただの石なのに。

穏やかな心で、今僕は、ここに居る。

by サトウタカシ


10年前のサトウさんのこのコラムが僕にはとても印象的だった。
僕もおばあちゃんに同じように愛されたから。
いつもそばにいてくれて、いつも僕の見方だった。
とにかく僕はおばあちゃんが大好きだった。

そんなお互いのおばあちゃんの話でもしたかったな。
いっぱいあるんだよ、おばあちゃんネタは。

そして今僕はサトウさんの墓を無心で磨く。
青いキキョウの花をそっと供えて。

あれからあっという間に3年がたった。
遠くにいるような、近くにいるような・・・どこにいるんだろ。
そんなことを考えながら、東京から滋賀に昨日帰ってきた。

11月3日の結婚式には来てくれるかなー。
[PR]
by bbfry | 2012-10-08 22:40 | HitoriGoto

「すいせん」と「幸せ」

久しぶりにブログの投稿、facebookを使い始めてつくづく思う。
あれは便利だけど文章が下手になりそう。

久しぶりなので報告がいろいろあって・・・
ひとつは今月から事務所を移転しました。
※ 住所と電話番号が変わりました。

詳しくはウェブで。http://nini-design.com/

もうひとつは、ようやくですが・・・
結婚することになりました。11月に式をあげます。

ちなみにうちのスタッフの女の子も9月に結婚式をあげます。
なんだかお祝いごとのラッシュな2012年。

もう半分が終わったけれど、残りの充実するであろう半年を
思いっきり駆け抜けたいと思う。
仕事も本当に今は大切なとき、この1年でこれからの会社の
行く末が決まるであろうと思う。

そんな中、地域の活動があり、結婚式があり・・・
たぶん息をついてる暇はない。
でも何があっても上を向いて走るのみ。


僕の好きな詩人の星野さんの詩にこんなのがある。

「すいせん」

幸せという花があるとすれば
その花の つぼみのようなものだろうか。
辛いという字がある。
もう少しで
幸せになれそうな字である。


辛いことの先に幸せがあるという意味だろうか
それとも自分の感じ方次第で辛いことも幸せと思えるし
「幸せ」を幸せだと感じていなければ花は咲かないという意味だろうか。

どちらにしても今の自分は、今の会社は
まだまだ「つぼみ」

きっともう少しで幸せになる前なんだろうな。
さてさて、もう一息がんばろう。
[PR]
by bbfry | 2012-06-15 23:32 | HitoriGoto

東京と滋賀を行ったり来たり、どこに住むかより毎日旅をしたらいいじゃない。


by nini